2014年5月16日金曜日

高校指導部 始動1カ月目


こんにちは。


FLAPS講師の杉山です。
(※小学生対象イベント「百マス計算演習会 B-DASH」では
   『百マスマン』をやってました!)



FLAPSが産声をあげて、はや2年半以上が経過しました。

そして4月、フラップス高校指導部が、町田駅前に新規オープンとなりました。
私は現在、この高校指導部で生徒たちに指導をさせていただいています。




4月にオープンした、町田駅前校(高校指導部)の様子です



まだまだ未熟な私たちですが、今日までやってこれたのも、
保護者様の支えや、生徒さん達の真っ直ぐな眼差しと頑張る姿勢があってこそです。

この場をお借りして、お礼申し上げます。
本当にありがとうございます。




フラップスがオープンしてから2年半、

フラップスの中学コース卒業1期生の生徒さんも、そろそろ大学受験を迎えようとしています。

そんな中、私自身が想う事を、
この場を借りて(少し長くなってしまいますが)伝えたいと思います。









昨年度の高校受験では、私も入試前の講座を持ち
目標に向かって頑張る生徒さんと関わらせていただきました。




そして、その際に自分自身の受験期も、思い出していました。
高校受験、そして、大学受験について・・・・。





ついこの間、高校受験を終えて一息ついている生徒さんには
ちょっと厳しい話になるかもしれませんが、

正直、大学受験は、高校受験のそれとは比べものにならないほど
ハードなものです。





大学受験とは、
自立するために己の甘さと向き合う日々であり、
『今の自分の選択が、将来に直結した道になる』という、逃げ道のない覚悟を持つ事でもあります。


大学受験に向け、ただがむしゃらに、

決めた道を覚悟を決めて信じ突き進む・・・

そんな受験生の姿は、潔く、そして美しく、
大人としても見習うべき姿勢に溢れているほどです。

そんな、精神的にも肉体的にもハードな大学受験にしっかりと向き合い、

ただひたすら、がむしゃらに、頑張ることが出来る高校生には
ある共通点があります。


「目標、そして夢があるという事です。





「目標や夢」はすべての頑張る原動力になります。
「こうなりたい!」「こんな事をしてみたい!」という欲求こそが
人を大きく成長させるのです。


しかし、自分の力だけで、「目標や夢」を決めるのは
なかなか難易度が高い課題です。


それなのに、現実はというと、
高校現場で行われる進路指導は、
私の経験では高校3年生の春に体育館に集められた数時間の説明会。

あとは、面談で話される「今」のレベルでいける大学の紹介だけでした・・・。
(あくまで私自身の経験です。進路指導に力を入れている高校もあるかとは思うのですが…)




高校生の生徒達は、義務教育を終え自分で道を選んで進んでいきます。
彼、彼女達の「さらに広がる可能性」はこれから。

ですが、そんな状況の中で実際に自分の行きたい道のために
進路を見つけられる人は、僅か一握りだけでした。




「やりたい事とか、なりたい姿とか、
 ・・・どうしたら見つかるの?どうやってかなえればいいの??」

多くの高校生がぶつかる悩み。

当然だと思います。
自分だけで自分の将来の夢や目標を「探し」、「見つけ」、「決める」のは、
なかなか難しい事ではないでしょうか?


だからこそ、フラップスで
講師と一緒に悩み、将来の夢や目標について「探し」、「見つけ」

決めた夢や目標に向かって突き進む覚悟を決めてほしいのです。

未来につながる今を、一緒に駆け抜けましょう!









================================================================
「FLAPS高校指導部」
2014.4.1 町田駅前に新規開校


開校から一カ月。

4月は、新高校1年生にとって環境の変化という点において
一番ハードな月だったと思います。よく頑張りました!

そんなハードな時期だからこそ、学校外でもきちんと机に向かったのか、
向かわなかったのか、その習慣が大きな差となります。


また、保護者様のお力なくして、今の生徒達の笑顔はありません。
新生活においては生徒さん以上に心身共に削られる日々であったと思います。
本当にありがとうございます。


生徒諸君!
いよいよ5月は中間考査!!
しっかり目標達成しよう。もちろんFLAPS講師陣も全力で一緒に闘いますよ!!