2014年7月1日火曜日

PDCAサイクルと、5つの根

こんにちは。FLAPS鶴川校・室長の大槻です。

ジメジメした季節が続きますが、みなさん、お元気にお過ごしでしょうか?




さて、2月に大雪のため延期となっていた、
鶴川校・町田鶴間校・淵野辺校の3店舗合同イベント、

『スタディスタンプラリー』が、先月28日(土)に開催されました!



たくさんの生徒さんや、お友達が参加してくださいました。
雨の中、本当にありがとうございました!!




国語・算数・理科・社会・英語、それぞれに楽しいクイズやアクティビティがあり、
大人の私もつい本気で楽しんでしまう内容でした。



仲間と楽しく取り組む中で、

子どもたちの【ポジティブ力(ポジティブコミュニケーションの習慣)】

【チャレンジ力(チャレンジから学ぶ習慣)】

【ゴール力(最後までやり抜く習慣)】

【自分力(自分で調べて、自分で考える習慣)】

【社会力(相手の立場に立って考える習慣)】という、

FLAPSの目的である【5つの根(習慣)】が育つ内容で構成されたイベントでした。




この『スタンプラリー』を企画し、準備から当日の運営まで、
リーダーとして統率するのは、淵野辺校の中島翔平先生です。







中島先生は入社2年目の社員です。

このイベントを企画し、初めて全店舗の室長・講師・スタッフの前で彼がプレゼンテーションをしたのは、入社1年目でした。


「子どもたちに学ぶ楽しさを伝えたい」



改善点が必要な部分もありましたが、子どもたちへの思いが溢れた、中島先生らしいプレゼンテーションでした。

またその改善点をチャンスと捉え、それを通して、彼自身がより大きく成長してくれたように思います。






人が成長するプロセスを表すものに、【PDCAサイクル】というものがあります。

PDCAサイクル】とは、Plan/Do/Check/Actionの頭文字を揃えたもので、

Plan(目標設定・行動計画)→Do(行動)→Check(確認)→ Action(改善)

このサイクルを繰り返し、次のプランに生かしていくプロセスの事を言います。




この【PDCAサイクル】は、勉強やスポーツ・習い事はもちろん、仕事においても、成長していくプロセスとして当てはまります。


目標を自由に描き、それを叶えるためにはどうしたらいいかを自分で考え、チャレンジし、やり抜く。そして更に、自分自身を振り返り改善する。



まさに【PDCAサイクル】は
【ポジティブ力】【チャレンジ力】【ゴール力】【自分力】
そのものだと感じます。




そしてそれに相手を思う【社会力】が加わった時、【PDCAサイクル】が加速し、人は大きく成長するのだと、このイベントに向かう中島先生の姿勢から改めて気付かされました。




28日、参加してくださった皆さん、ありがとうございました!!


28日(土)の【スタンプラリー】の様子は、
次のブログでご報告させていただきます!