2014年8月11日月曜日

勉強する意味、そして学べること (続き)


こんにちは。学習塾FLAPS町田鶴間校です。

台風も過ぎて、空は真っ青な快晴ですね。





さて、今日は「なぜ、勉強を頑張るのか?」についてのお話です。
(以前書かせていただいた、ブログの続きになります…
 『勉強する意味。そして、学べること。



まず、勉強というものに対して「好き」と答えられる人は
なかなか多くはいないと思います。

「嫌い」と答える人が多いのが現実ではないでしょうか?



ただ、それでも投げ出すことができないのが勉強です。

正直にいうと、今勉強している知識は将来使わないことの方が
多いかもしれません。





しかし。しかしです。



使わないかもしれない知識の「勉強」にこれから先の

人生を左右する大切なことが潜んでいます。




「嫌いや苦手」とどう向き合っていくのかという部分です。



なぜなら、嫌いな勉強をすることは、
今の自分を乗り越えて
人生を切り拓くことにつながるからです。


世の中は好きなことだけをして生きていくことは
かなかに難しいことだからです。


好きで始めたことでも、
嫌いだなと思う部分、苦手と思う部分は絶対に出てきます。



例えば・・・
野球が好きで、小中高と野球を続けたとして、
連戦連勝、バッターボックスに立てば全打席ホームラン、
投げれば三振の山・・・


そんな人はいないでしょう。



三振もするし、打たれもするし、
人間なのですからエラーもするでしょう。



それで、嬉しいという人はおらず、自分のせいで負けたと後悔し、
隠れて泣くこともあるはずです。



それでも、歯を食いしばってレギュラーを取り、ついには甲子園の
マウンドでプレーをするのだと思います。





苦手や嫌なこと、
逃げたいことから逃げていてはそうはなれないはずです。






もし、今、勉強が嫌だとすれば、私たちは自信をもって答えます。



自分を鍛えるチャンスだと。



この先の人生で必要なことを身に付けるチャンスだと。