2014年9月12日金曜日

入試が変わる!

こんにちは。

学習塾FLAPS町田鶴間校です。
二学期が始まりましたね。

今回は入試についてのお話です。



もう、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、


入試が変わります!!



まず、H26年度(今の中三)の都立入試から一部の高校で

入試問題にマークシートが導入され、H27年度(今の中二)から

全校でマークシートの導入が予定されているそうです。


なぜかというと、将来を決めるといっても過言ではない都立入試で

度重なる採点ミスが明らかになったからです。



平成24年から26年までの3年分の答案を再調査した結果、

都立高校175校のうち9割を超える165校で採点ミス

見つかりました。

 ミスは3054件に上り、本来は合格していたのに不合格

となった受験生が18校、22人もいました。



これが一つ目、やり方の変化ですね。

都立入試の大きな仕組みは変わりません。




しかし、次に上げる3つが大きな変化です。

①試験科目は5教科に固定。

②比率は7:3に固定

③実技科目の内申を2倍にする予定。
*実技科目とは音楽・美術・保健体育・技術家庭の4教科です。)
*③については、あくまで【予定】となっており、決定ではないようです。
 ただ、十中八九そうなると考えて、準備するべきだと私たちは考えています。


つまり、仕組みの変化です。

これらはH27年度(今の中2)の入試から実施されます。

なぜ、こんなにも変わるのでしょうか?



次回、都立入試が変わる理由、変わらなければいけない理由について

述べていきたいと思います。