2015年7月2日木曜日

今年もやってきました、夏期講習!

こんにちは。

7月に入り、そろそろ夏モードですね。

中学生はちょうど期末テストが返ってきたところです。

できるようになったところ、できなかったところがそれぞれあり、新しい課題も見えてきたのではないでしょうか。


例えば、

学校の提出物は出すようにはなったが、出せたことに安心してしまい、肝心のテスト勉強のほうがおろそかになってしまった人…


また、机に向かう時間自体は長くなったけれど、今度は勉強のやり方がよくわからなくなってしまった、という人…


みんな、ひとりひとり直さなければいけない所はあります。


しかし、その改善点は、出していなかった提出物を出すようになったから、

また勉強をする姿勢が変わったからこそ、

見えてきた改善点でもあります。


前に進もうと頑張ってみなければ、その課題を知ることすらなかったはずです。


これはとても大事なことで、

成長すればするほど、直していくべきところはたくさん見えてくるのです。



イチローの言葉 に、


自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに、「お、自分はまだまだいける」と思う。


というものがあります。


あの国民的スターのイチロー選手でも、日々、直すべきところの発見とその解決の連続だそうです。


そして、直すべきところが新しく見つかったら、

「うわ…またできてない所が見つかってしまった…」
と思うのではなく、

「お、これを直せば次のステージに進めるんだ!ラッキー!」


と思えるかどうか、がカギなのだと、イチロー選手は教えてくれています。


時には、どうしたらよいのかわからなくなってしまったり、投げ出したくなってしまうこともあるかもしれません。


テストの点数や成績も、上がり始めたら一度も下がることなく、ずっと右肩上がり…

ということはないでしょう。


上がっては止まり、また上がっては止まり、時には下がったり

いわゆる階段のようなところを、一段ずつ、登っていくようなイメージで成長していきます。


その途中には当然、おどり場のようなところもあります。

今まで上がってきたのに、なぜか伸び悩む…

そこから抜け出すのに、苦労する人もいます。


ただその経験は、自分が成長して、前に進もうとしている“証”です。



私たちFLAPSの講師も付いています。一緒に頑張っていきましょう。


そしてまずは、課題克服のための第一歩。


【夏期講習】



学校の授業がストップしてくれる期間は、春休み、夏休み、冬休みの

たった3回

しかありませんが、

夏休みは中でも

一番長い休み

です。


この夏休みをしっかりと【復習・予習】をして活用できた人と、

遊びだけに使ってしまった人とでは、


2学期の成績でとてつもない差が出てしまいます…


あなたはどちらでしょうか?


この夏、新たな課題に向き合って、一皮むけた自分に出会いましょう!!