2015年7月10日金曜日

精神力が、試される!!

中3生にとって、勝負の時期になってきました。

受験まで、あと半年…

この夏から、模擬試験が始まります!

みんな、正直、ヒーヒー言っています…

今まで、定期テストで点数が取れていた人も、取れていなかった人も。

なぜなら、

模試は定期テストとは違い、どこから問題が出てくるかわからない


からです。

定期テストは、言われた範囲の勉強をすれば点数が取れますが、

模試は忘れていた1、2年生でやったことからもたくさん出てくるので、

今までの内容がカンペキに理解できないと、点数が取れないのです。


だから、この夏やることは…

内容をまとめ、単語・公式を覚えなおして、問題を解いていく…

そう、ひたすら地道に、基礎部分を頭にたたきこむこと。

来ました、地道な作業

みんな嫌がりますね。やりたい!という人は、なかなかいません。

しかも、頑張ったからと言って、すぐに結果が出るわけではありません。

全部きちんと頭の中で整理できて、自分が使える武器として定着して初めて点数がとれるようになります。

例えて言えば、今はみんな、部屋中にいろいろな服(知識)が散乱している状態です。

教科書のどっかで見たもの、今までのテストでやったような気がするもの、話には聞いたことのある用語…

そんなものが、復習されずに、あちこちにバラバラに置いてあります。

夏物、冬物、秋物、春物、…

それらの服を、

急いでいったんタンスに突っ込んで(整理しないまま頭に詰め込んで)も、

結局取り出そうと(テストでその知識を使おうと)したとき、

うまい具合に必要なものを取り出すことができません。


これか!とつかんでみたものの、出てきたのはセーター、マフラー…

夏に使いたいのはこれじゃない!と、手探りしているうちに、時間切れ。


だから、使うときのことを考えて、きちんと畳んで分けて(整理してまとめて)、入れていく必要があるのです。

時間がかかっても、絶対に必要な作業。

いやなこと、めんどうなことに向き合って、しっかりやっていく。


まさに、精神力が試される夏になります。



夏期講習も通して、頑張っていきましょう!!