2015年7月20日月曜日

夏休み!!

やってきましたね、夏休み!

「待ってましたー!」という人もいれば、「宿題がいっぱい出るから、いやだ…」という人、中学生だと「部活ばっかりで逆に大変…」という人など、いろいろいるようです。

さて今回の内容は夏休みの過ごし方なのですが、
何をお伝えしましょうか。

せっかくなので、オススメ旅行先、人気のプール、かき氷のおいしいお店の紹介…?


いえ、当然塾のブログですので、勉強のことをお伝えします()


まず、小学生。


大いに遊んで、きちんと勉強するときにはする。

メリハリをつける練習をしていきましょう。

ずっと遊んでいては、全く勉強せずに終わってしまいます。かといって勉強ばかりしろ、とは言いません。
バランスが大事。
外に出て、色々な刺激を受けて成長してほしいですし、きちんと1学期の復習を宿題等を通して忘れないようにしてほしいです。
夏休みが明けたら1学期の内容がスッポリどっかにいってしまった…!というのではもったいないです。

小学生のときの習慣が、そのまま中学生になっても続いていきます。
その土台作りの時期として、人との関わり合い・自然とのふれあいと、やるべきことはやる、そのバランス感覚を身に付けていきましょう。


そして、中学生。


12年生に関しては、小学生と似ています。

ただ、遊びの部分が、部活にかわります。
部活と勉強、どちらかに偏りすぎない。
ただし、小学生と違うのは、「力を分散させてどっちもやる」という感覚ではなく、「どっちも限界を超えて、全力でやりきる」という姿勢が大事になってくるところです。
それがあとになって生きてきます。


最後に、中3

言い換えれば、受験生

夏合宿・夏期講習・夏休みの宿題・自習など、あらゆる手段を使って、獲物へ突進するイノシシのごとく全力疾走して下さい。
夏休みは、110時間、やりましょう。
勉強の質に自信がある人は、78時間でもよいかもしれません。

正直、「休憩も大事」などという言葉もありますが、休憩する暇があったら単語や漢字の一つでも覚えろ!という気合いがなければ、

そう簡単に順位は伸びていきません。

みんな頑張るから、みんなと同じペースで頑張っていてもダメ。抜けません。
必死にやりましょう。


夏期講習も、とても大事になってきます。

小学生は、メリハリをつけるために、学校がない分塾で勉強する時間をきちんと増やす。

12年生は、部活以外の時間、疲れて休んでしまうのであれば、塾の勉強時間をちゃんと確保してやる場を作る。

3は、受験対策等をしっかりやっていく。

夏期講習は始まったばかり。今からでも間に合いますので、一緒に頑張りましょう!

私たち講師も、夏になったからには、今まで以上に頑張っていきます。

今日(21)から、二泊三日の夏合宿が始まります。

今年も、全教室から150人を越える生徒が集まり、大盛況の合宿になるでしょう。

小学5年生から参加可能ですので、行きたいけれどまだダメだよと言われてしまった4年生のみんな、

来年は一緒に行きましょう!


では、合宿、行ってきます!