2015年10月12日月曜日

シリーズ2:町田鶴間校 開校から2年… [成績の伸びる生徒][伸びない生徒]の差って?

前回に引き続き、

­­FLAPS­町田鶴間校が開校2年経って感じる、【伸びる生徒】【伸び悩む生徒】の差とは???』­のシリーズです!

今回は、【日頃の学習篇】です。­

さて、まず質問です。­

コツコツ積み重ねて勉強していく生徒 と、­

普段はやらずに、勉強するとしても一夜漬け の生徒、­

どちらが伸びるでしょうか。­

もう、おわかりでしょう。
もちろん、前者の「コツコツ積み重ねていく生徒」です。­

当たり前じゃないかと思われるかもしれません。­

しかし、意外と、この大原則がわかっていないのではないか、と思ってしまう場面が多々­あるのです。

これは小学生・中学生の両方に言えることですが、「面倒くさがりだからギリギリにならないとやらないんだよねー」という声をよく聞きます。

これは、実はおかしな発言です。

人は、一度覚えたことを忘れます。

どれくらい忘れやすいかと言うと、1日経っただけで、勉強した内容の約7割を忘れるそうです。
[←心理学者:エビングハウスの忘却曲線より]

これが2日、3日と経ってしまったらほとんど頭には残っていません。

逆に、忘れかけた頃にもう一度復習すれば、より忘れにくくなります。

つまり、後回しにすればするほど、またゼロから覚え直す必要が出て、効率が悪く面倒くさいことになるのです。

同じ10時間勉強するのでも、一辺に10時間するよりも、2時間を5回やったほうが頭に残りやすいのです。


なぜコツコツやったほうが伸びるのか、理由を踏まえた上で、何か気づく部分があったら変えていきましょう!