2016年4月1日金曜日

新任講師のご紹介

こんにちは。学習塾FLAPS町田鶴間校です。



本日は4月より国語科と英語科の担当がかわりますので、2人の講師の紹介をさせてただきます。



まず初めに国語科のまさと先生です。
よろしくお願いします!

-------------------------------------

はじめまして!!

国語科と社会科を担当させていただきます、田中と申します。


私の学生時代の“国語”に対してのイメージを思い返すと、恥ずかしながら


「国語は勉強すると言うより感性だし・・・」


「登場人物の気持ちの感じ方なんて人それぞれだし・・・」


と言い訳が多かった気がします。

しかし、今になって言えるのは


【国語は感性やセンスの科目ではない!!】


ということです。


国語も学問である以上、数学で言う方程式のように


「〇〇だから答えは××になる。」


という仕組みが必ず存在します。


私がそうだったように、その仕組みがわかってくると途端に国語という教科のイメージが変わります!!
(しかも数学のようにいくつも公式を覚えたり、英語のように膨大な単語や文法を覚える必要はない。)


「あれ?思ってたよりも難しくないかも?」


そんな瞬間を沢山作っていきたいと思います。


宜しくお願い致します!!


-------------------------------------


次に英語科の安部です。


-------------------------------------


英語を担当させてもらいます、安部紗子(アベスズコ)です。



皆さん英語は好きですか?


私はもちろん……!!  好きです。



そんな私も最初から好きだったわけではありません。

小学校5年生のときに、周りの友達がどんどん英語をはじめて、
まだアルファベットも知らない自分がすごく嫌でした…。


できる友達に、すごく嫉妬してしまってたんですね。



だから小学校6年生の時に英語を習い始めました。
それこそ、友達は全問正解しているのに
間違っている自分、すごく悔しかったです。


だから、宿題も復習もしっかりやって、
気付いたら周りの子と同じくらいできるようになってました!


最初から英語ができる子はいません。
日本語だって、みんな間違いながら身につけてきているはずです。


間違ったらダメ!

そんなことはありません。


私と一緒に、できない、をFLAPSでできる!にかえていきましょう!


-------------------------------------


以上二人の講師でした。
室長、加藤先生に加え、この3人で頑張っていきます。


これから新学年にあがり、1つ上の学年の難しい問題をといていくことになると思います。

そこで、投げ出したくなったり、もう、嫌だって思うことも、生徒のみなさんはあるかもしれません。
そんな皆さんと一緒に乗り越えて、頑張ってよかったと思えるように、私達も頑張っていきます。


これからよろしくお願いします!