2016年7月21日木曜日

通知表ってどう見るの?


こんにちは。

学習塾FLAPS町田鶴間校の安部です。

いよいよ夏休みのスタートですね!
各地で梅雨も明け、本格的に“夏”が始まろうとしています。


FLAPSでも、夏休みに合わせて先週から夏期講習がはじまりました!

FLAPSに通ってくれている子も、小学校1年生~中学校3年生まで
自分の苦手を克服しようとしている子、少し先の予習をする子などが夏期講習や自習に来てくれたり、暑さに負けず頑張ってくれています。


夏期講習は、FLAPSに通っていない子も受けられますので、詳しくはお問い合わせください。

(町田鶴間校:042-706-8131)




さて、先日終業式があり、小学生は1学期のあゆみを、中学生は1学期の通知表をもらったことだと思います。

FLAPSの生徒も、通知表を早速持ってきてくれ、頑張った教科があがった生徒悔しい想いをした子、一人一人がさまざまな感情を抱いたようです。


そして今回の結果から、この夏特に、何を頑張る必要があるかということを、FLAPSの方でも生徒一人一人に伝えていっています。



そして、今回
中学1年生の生徒たちは、成績があゆみから通知表へとかわりました。

小学校までのあゆみでは、

よくできた
できた
もう少し

といったように表記されていましたが、

中学では1~5段階の数字で評価され、数字が高いほど成績がいいことを表しています。



もちろん全ての生徒がオール5…!!
なんてことはなく、4がついた子、3がついた子、もちろんいます。



そして、

成績をつけられる上で先生たちもなんとなくつけたりはしていません。

いくつかの項目があり、それをもとに成績はつけられているのです

そしてその項目は1~5の数字のそばに載っていて、ABCという形で通知表に書かれています。


では、そのABCの評価について質問なんですが、

各教科の1番上の評価は、ABCのどれが書かれていますか?

そして、A以外はいくつありますか?



今質問をした、1番上の評価には共通点があり、どの教科も

【関心・意欲・態度】

という項目になっています


これが何を意味しているのか。

この項目は主に

「授業態度」「提出物」「小テスト」

の三項目で評価されています。

つまり苦手科目であったとしても、ここの項目は「A」をとることが可能なはずなのです。


もう一度確認してみてください。


【関心・意欲・態度】

あなたはA以外がありますか?


実際にFLAPSに通ってくれている子も、すごく苦手なはずの教科の【関心・意欲・態度】でAをとってくれている子もいます。


また、テストの点数は悪くない子でも【関心・意欲・態度】でBがついている子はいます。

この1学期の「授業態度」「提出物」「小テスト」…
本当に、本当に、完ぺきでしたか?


いくらテストの点数がよくても、【関心・意欲・態度】、これがよくないとなかなか5はもらえません。


2学期の成績で【関心・意欲・態度】を全てAにできるよう、今から頑張っていきましょう!


まずは、夏休みの宿題!


提出はきちんと完成している状態で提出日にだしてくださいね!!